<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Blue
c0183965_4541650.jpg






「青について」




 青色はリラックスできる色らしい。その科学的根拠は分からないが、私にとっては少なくとも赤や黄色、緑よりも落ち着く気がするし、何となく自然に浸れる色という感じがする。白や黒はミニマルで瞑想的ではあるが人工的である。色相心理学では内面に向かう色とある。本来自然に溢れるこの色が我々に最も身近な色だということは、都会に住む人間にとってはもう過去のことなのかも知れない。

 我々は海から生を受けこの地球上に存在している。その大半は水によって構成されていて、母なる地球も海があるがゆえに多くの生命が栄えるに至った。青とはつまり水色である。空を反映するこの色は、我々人類にとって自然界で最も日常的な色であった。そのため古代では注目されるべき色ではなかったが、別世界や死など、常に内面的イメージを象徴するものであった。ルネサンス以降、海や水のイメージから希望や平和、知性を象徴するように至ったこの色の特性は、生と死が混在し新しい価値観が必要とされている大震災後の日本に似ている。

 2011年3月11日、大地震による大津波が東日本を襲い2万人を超える尊い命が失われた。その自然の脅威は我々が誰も予想できないほどの被害をもたらし、現代社会に様々な疑問を投げかけた。当前のように思っていた便利な暮らしが、実はとても脆いシステムの上で成り立っていて、私たちが当たり前のように思っていた食料や電気、家やサービス、そして命そのものも当たり前ではないのだという現実に直面している。この犠牲を無駄にしないためにも、これから私たちにできることはたくさんあるだろう。

 私は自分が何かにとらわれている時こそ、海や空を無心で眺めることがある。何も考えずに行動することも時には大切だが、混沌とした現在を我々の起源より正視できる時間が必要だと思うからである。ブルース・リーのようにただ感じるだけの時間が、まだ知らない未来への道を示してくれるのだ。大切なのは心の中に浮かび上がる純粋な何かであり、生きること自体はそれを消化し続けることでしかない。必要なのは何れの拘束からも解放されること。愛の入る隙間をつくること。

 世界中が悲しみから解放され、全ての人の笑顔を心から祈って。





2011-03-31 01:07:23 Tokyo
















silentrevolution home公式ホームページ

by silentrevolution | 2011-04-21 01:51


以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧